気動車やら鉄道についてのあれこれ

嫁にはナイショのファンタジア

鉄道&気動車の実車&模型のブログ

架線下DCの存在

f:id:kiha58:20131030141018j:plain
▲1985年 急行「たかやま」
架線下DCとい言葉を聞くと、雑然とした埠頭の臨港線のさびしさのようなものを感じてしまう。通勤電車と並んでホームに停車する姿は、遠くへ行きたい気持ちと、故郷を思うせつなさが入り混じる。排気ガスを、もくもく上げながら、もう「いっぱい、いっぱい」で走る気動車急行。*1関西から奥飛騨へ駆け抜けた、急行「たかやま」は昭和の交通文化の香りを残しながら1999年に消えた。

そういえば、2011年に飛騨高山は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂版で飛騨高山は「わざわざ旅行する価値がある」三つ星*2の評価を得たらしく、外国人観光客がワラワラ訪れているそうな。 京都と高山を結ぶ、この急行列車があれば、乗り換えなし*3でゆっくり日本観光が楽しめたのになあ。
ある意味「ななつ星」よりぜいたくな話か。

気動車

気動車とは編集

*1:制限速度は時速95km

*2:すごい所みたいに思える!

*3:外国人むけの、なんじゃらパスがあるから、新幹線乗ればいいのかね。

本ブログはリンクフリーです。