気動車やら鉄道についてのあれこれ

嫁にはナイショのファンタジア

鉄道&気動車の実車&模型のブログ

とりあえず情報収集

鉄道模型レイアウトの参考になるのは、この人たちかな?

CR旅客鉄道
http://cr-rail.o.oo7.jp/

光山市交通局
http://pub.ne.jp/arccentral/

Nゲージ 鉄道模型レイアウト情景撮影
http://ameblo.jp/hiro-240/

上越線水上駅付近の情景をジオラマ化
http://www.ta-kky.com/

とにかく続けていくことが大事!

架空鉄道とは編集

用地買収は成功

f:id:kiha58:20140301012924j:plain
将来、実家に同居することが決まり、そして嫁が音楽教室をすることになり、残りのスペースに鉄道模型を置くことを、なかば強引に家族に認めてもらうことに成功した。
次は、線路をどうひくかだな。
つくりたい情景はたくさんあるので、妄想しながらスペース内にまとめなければ。

レイアウトとは編集

模型鉄で気動車する

f:id:kiha58:20131030141018j:plain
▲2003年 特急「はまかぜ
私にとって鉄道趣味というものが、年々懐古趣味となっていくのは致し方ないこと。写真のキハ181系のような無骨な国鉄気動車も引退し、あのキハ40系列も各JRから消えるのも時間の問題。そうなれば、模型鉄で過去を振り返りるしかないのか?
・・・・ということで、5年ちかい絶賛放置プレイを経た、作りかけ旧レイアウト*1を改装することにしました!!用地買収も、ほぼ完了*2したので、とうぶん妄想と構想を重ねる予定。

鉄道模型とは編集

  • 鉄道の模型。  線路を組みたて路線を作り、その上を走らせて楽しむだけに留まらず、一両の車両を精密に作る車両工作、鉄道を含む風景そのものを作り上げるジオラマ、ミニチュアの鉄道システムを作り上げ、車両を走行させるレイアウトなど、多岐にわたるホビ.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 5 件) を見る

キハ181系

キハ181系とは編集

  • 概説 「きはいちはちいちけい」とも。国鉄キハ80系を元にして、キハ80系の出力不足を補うために大馬力エンジンを搭載して登場した。主に山岳線区に投入された(北海道を除く)。 先頭車がキハ181、普通中間車がキハ180、グリーン中間車はキロ180、食堂車はキ.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログを見る

 

 

*1:Nゲージです

*2:用地の面積については、嫁と交渉中

架線下DCの存在

f:id:kiha58:20131030141018j:plain
▲1985年 急行「たかやま」
架線下DCとい言葉を聞くと、雑然とした埠頭の臨港線のさびしさのようなものを感じてしまう。通勤電車と並んでホームに停車する姿は、遠くへ行きたい気持ちと、故郷を思うせつなさが入り混じる。排気ガスを、もくもく上げながら、もう「いっぱい、いっぱい」で走る気動車急行。*1関西から奥飛騨へ駆け抜けた、急行「たかやま」は昭和の交通文化の香りを残しながら1999年に消えた。

そういえば、2011年に飛騨高山は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂版で飛騨高山は「わざわざ旅行する価値がある」三つ星*2の評価を得たらしく、外国人観光客がワラワラ訪れているそうな。 京都と高山を結ぶ、この急行列車があれば、乗り換えなし*3でゆっくり日本観光が楽しめたのになあ。
ある意味「ななつ星」よりぜいたくな話か。

気動車

気動車とは編集

*1:制限速度は時速95km

*2:すごい所みたいに思える!

*3:外国人むけの、なんじゃらパスがあるから、新幹線乗ればいいのかね。

片町線 長尾~木津間 | 近郊区間に取り残されたローカル線

片町線(決して学研都市線ではない)の木津方面は、長らく非電化単線路線として気動車の活躍が目にできる近郊路線でした。国電区間の終点駅に、外吊ドアからの隙間風に耐えるキハ35と、相方のキハ28が不在で、せっかの冷房装置が使えないキハ58の2両編成が、通勤電車からのわずかな乗り換え客を待っている。そういう情景が長尾駅の毎日でした。気動車は木津まで各駅に停車し、終点まで乗車する人は少なかった。木津からは奈良線で京都、関西本線で、奈良・亀山に向かう乗客はさらに少ない。それでも、木津駅には急行列車が走っていた。急行「かすが」がキハ58とキハ28が、こちらも2両で一往復通過する。そんな枯れた時間がそこにはあった。

f:id:kiha58:20130930134916j:plain

片町線

片町線とは編集

本ブログはリンクフリーです。